グロース氏:米当局は今年中にQE終了へ、雇用増鈍化でも

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用する ビル・グロース氏は10日、昨年12月の米雇用者数の伸びは予想を下回っ たものの、米金融当局は引き続き量的緩和(QE)を今年中に終了させ る想定だろうとの見方を示した。

グロース氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「当局 は2014年末までのQE終了を望んでいると確信する」と述べた。その上 で、「15年末までに利上げ実施ということはないだろう」との見通しも 示した。

昨年12月の米雇用者数の伸びは2011年1月以降で最も鈍かった。米 労働省が10日発表した12月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は 前月比7万4000人の増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト調査で最も弱気だった予想も下回る結果となった。

グロース氏は同インタビューで、米当局はQE縮小が完了する前に フェデラルファンド(FF)金利を変更することはないだろうとした上 で、QE終了の「時点以降は、当局が金利引き上げを開始するかどうか を決めるまでの期間が相当あるだろう。16年にはFF金利はまだ25ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)付近だと思われる」と述べた。

同氏はまた、08年に始まった当局の債券購入が米国債利回りをゆが めたとも指摘。「数字を特定するのは難しいが、10年債利回りは恐ら く100bp、1%程度ゆがめられただろう」とし、4%に近い水準に戻 るだろうと語った。

原題:Gross Says Fed on Course to End QE Even With Slowing Job Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE