きょうの国内市況(1月10日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日本株反発、銀行や通信、自動車堅調-SQ通過、米雇用統計見極め

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は反発。株価指数オプション1月限の特別清算値 (SQ)を通過し、需給面での警戒感が薄れる中、米国株先物の堅調な どが好感された。業種では銀行や情報・通信、自動車株が上昇。一方、 海外原油市況の下落を受け鉱業株は安く、不動産、電力、鉄鋼株も軟調 で、株価指数の上げは小幅だった。

TOPIXの終値は前日比1.73ポイント(0.1%)高の1298.48、日 経平均株価は31円73銭(0.2%)高の1万5912円6銭。米国の雇用統計 発表後の市場反応を見極めたいとのムードが強く、方向感に乏しい展開 が続いたが、終了にかけて両指数ともプラスに浮上した。

ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真最高経営責任者 (CEO)は、「雇用統計に向けて米国株は頭が重くなっており、統計 が強い場合、弱い場合どちらをも事前に織り込みにくい」と話した。

東証1部33業種はその他製品、ゴム製品、銀行、非鉄金属、情報・ 通信、輸送用機器、機械、繊維など20業種が上昇。鉱業、電気・ガス、 不動産、保険、パルプ・紙、鉄鋼、海運など13業種は下げた。鉱業は、 きのうのニューヨーク原油先物が0.7%安の1バレル=91.66ドルと、終 値で昨年5月以来の安値となったことが響いた。海運には、日本郵船や 川崎汽船が公正取引委員会から独占禁止法に基づく処分の事前通知書を 受領する材料があった。

東証1部の売買高は32億6471万株、売買代金は2兆9338億円。値上 がり銘柄数は842、値下がりは793。

●債券は続伸、米債高や長期金利0.7%台の需要が支え-雇用統計待ち

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は続伸。前日の米国債相場が上昇した流れを引き継いで買 いが先行。株価の持ち直しなどで一時は伸び悩んだものの、長期金 利0.7%台の投資家需要が相場を支えた。

東京先物市場で中心限月の3月物は前日比1銭高の143円79銭で開 始。9時すぎからじり高となり、午前の取引終了前には10銭高の143 円88銭まで上昇した。午後の取引開始直後には1銭安の143円77銭に下 落。その後は前日の終値付近でもみ合いとなり、結局は4銭高の143 円82銭で引けた。

三井住友アセットマネジメントの浜崎優シニアストラテジストは、 「米景気の良さをはやした金利上昇はいったん材料出尽くしとなり、長 期金利は0.7%強ぐらいの水準で止まる感じ」と話した。米雇用統計に ついては「予想に近い数字となる場合、量的緩和縮小を年末までにたん たんとやるという見方は変わらない。米10年債利回りが3%近辺から大 きく変わらない限り、現在の水準でもみ合う」との見方も示した。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の332回債利回 りは横ばいの0.70%で始まり、午前10時前後に0.5ベーシスポイン ト(bp)低い0.695%に下げた。午後は0.70%で推移したが、3時すぎに 再び0.695%に低下した。

日銀がきょう実施した長期国債買い入れオペ(総額3100億円)の結 果によると、残存期間「1年以下」と「10年超」の2本とも、応札倍率 が前回よりも上昇した。国債市場で売り圧力が強まっていることが示さ れた。落札金利は市場実勢を上回ったとの見方が出ていた。

●ドル・円が105円台に接近、米雇用統計発表控えドル買いやや優勢

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場でドル・円相場は午後の取引終盤にかけて1ドル =105円台に接近した。米雇用統計の発表を今夜に控えて、ドル買い・ 円売りがやや優勢となっている。

この日のドル・円は104円80銭台前半で取引開始。午前の値幅は16 銭程度と小動きな展開だった。ただ、続落して始まった日本株が午後に 入り上昇基調を強めると、相場は徐々に水準を引き上げ、一時は104 円99銭を付けた。

バークレイズ為替ストラテジストの門田真一郎氏は、「基本的には 株価と連動して動いているが、米雇用統計前なので様子見姿勢も強い。 米雇用統計は、ADP雇用統計などを受けてある程度強い数字を織り込 んでいる」と述べた。

午後3時48分現在のユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.3612ドル前後 で推移している。前日の海外市場では一時1.3549ドルと、1カ月ぶりの ドル高・ユーロ安水準を付ける場面があった。欧州中央銀行(ECB) のドラギ総裁が会見で、経済成長を支えるため長期にわたり低金利を維 持する姿勢を強調したことなどが背景。ユーロ・円相場は同時刻現在、 1ユーロ=142円97銭前後で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE