ドイツ銀の東欧コーポレートファイナンス責任者が死去-51歳

ドイツ銀行の中東欧・イスラエル・ トルコのコーポレートファイナンス責任者、ミクローシュ・コルモシュ 氏(ロンドン在勤)が昨年12月にがんのため死去した。51歳だった。同 行が行員向けの文書で明らかにしたもので、事情に詳しい関係者1人が 確認した。

2007年当時の発表資料によれば、コルモシュ氏は自らが創業し、専 門分野に特化した銀行業務を行っていたニュー・ヨーロッパ・キャピタ ル・パートナーズをドイツ銀行が買収した後、07年に同行にマネジング ディレクターとして加わった。

原題:Miklos Kormos, Deutsche Bank Head in Eastern Europe, Dies at 51(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE