ミネアポリス連銀総裁:米経済は14年3%成長-失業率6.5%

米ミネアポリス連銀のコチャラコタ 総裁は9日、米経済が2014年に3%成長になるだろうと予想。失業率は 年末までに6.5%に低下するとの予測を示した。また、経済が予想通り に改善されれば、量的緩和政策が今年中に終了するだろうと語った。

同総裁はバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長からイエ レン次期議長への交代について、「円滑な移行」を予想していると語っ た。

原題:Kocherlakota Calls for More Fed Stimulus to Aid Jobs Rebound (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE