中国:12月の輸入、8.3%増に伸び加速-内需の成長下支え示唆

中国の昨年12月の輸入は5カ月ぶり の大幅増となり、内需が今後の経済成長を支えていく可能性を示す数字 となった。同国政府は2013年にモノの貿易で世界一になったと発表し た。

税関総署の10日の発表によると、12月の輸入は前年同月比8.3% 増、輸出は4.3%増。貿易黒字は256億ドル(約2兆6900億円)で、市場 予想を下回った。

クレディ・アグリコルCIBのシニアエコノミスト、ダリウス・コ ワルツィク氏(香港在勤)は「中国の内需は心配されていたほど弱くな い。中国経済は鈍化しつつあるが、急激に減速する可能性は低い」と指 摘。その上で、この日の統計数値は「季節調整後ではかなり異なった印 象を受けるため、慎重に解釈すべきだ」とも述べた。税関総署による と、12月の輸入は季節調整後では前年同月比4.3%増、輸出は3.3%増だ った。

13年通年の貿易黒字は2597億5000万ドル。08年以来の高水準で、過 去3番目の大きさとなった。一部の市場関係者は以前、13年前半の貿易 黒字は水増しされていたと指摘。バンク・オブ・アメリカ(BOA)の エコノミスト、陸挺氏は統計と実態との差は500億ドル余りとの見方を 示している。

税関総署の鄭躍声報道官はこの日の会見で、13年の貿易統計を修正 する予定はないと述べた。

原題:China Imports Accelerate to Help Nation Claim World Trade Crown(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan. Editors: Scott Lanman, Nerys Avery

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE