来週のNY原油:46%が上昇を予想-相場に下げ過ぎ感

来週のニューヨーク原油先物相場は 上昇するとの見方が優勢だ。最近の下げ相場に行き過ぎ感が出ている。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト37人を対象に実施した調査 では、17人(46%)が来週の原油先物相場が上昇すると予測。下落を予 想したのは8人(22%)。12人が横ばいを予測した。前回は59%が下落 を予想した。

原油先物相場は過去8営業日で7回下落した。昨年12月27日には2 カ月ぶりの高値である1バレル当たり100.32ドルを付けた。相場の方向 性を占うテクニカル指標の相対力指数(RSI、14日ベース)は2カ月 ぶりの低水準に低下し、上昇相場を示唆した。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「売られ過ぎで相場は上値を試しそ うだ」と述べた。

2004年4月の調査開始以降、相場の方向性を正しく予測した確率 は50%となっている。ブルームバーグは翌週の原油価格について、石油 アナリストとトレーダーに見通しを尋ねる調査を毎週木曜日に実施して いる。

原題:Oil Forecast to Rise on Prediction It Fell Too Fast, Survey Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE