NJ州知事が陳謝、渋滞招いた車線閉鎖で-連邦当局は捜査着手

米ニュージャージー州のクリスティ ー知事(共和)は、側近が政治的な報復のため意図的に交通渋滞を引き 起こしたとされる問題で陳謝した。連邦当局も捜査に乗り出し、2016年 の米大統領選出馬の可能性も取り沙汰される同知事にとって、大きな痛 手となりかねない情勢だ。

この問題では、同州フォートリーとニューヨーク市マンハッタン北 部を結ぶジョージ・ワシントン橋の一部車線が昨年9月、4日間わたっ て閉鎖され、フォートリーの交通が一時まひ状態に陥った。クリスティ ー知事の側近が、橋を管理するニューヨーク・ニュージャージー港湾公 社幹部に車線閉鎖を指示していたことを示す電子メールや文章が8日明 らかとなった。

フォートリーのソコリッチ市長(民主)は昨年11月5日に行われた 知事選でクリスティー氏の敵対候補を支持しており、電子メールなどに よると、側近がクリスティー氏に政治任用されたこの公社幹部に車線閉 鎖を命じたのは、同市長に報復するのが狙いだったとされる。

クリスティー氏は9日、同州の州都トレントで記者団に対し、スタ ッフの行いに「困惑し恥ずかしい思いをしている」と述べるとともに、 側近の1人を解雇したと発表した。

ニュージャージー州連邦地検の報道官は9日、同地検がこの問題で 捜査に着手したことを明らかにした。クリスティー知事は、自分にやま しいことは何もないとした上で、スタッフに捜査への協力を指示すると 語った。一方、カーニー米大統領報道官は同日の記者会見で、同地検の 捜査開始の決定にホワイトハウスは関与していないと言明した。

急浮上した今回の騒動は、超党派の指導力を自負するとともに、共 和党知事会会長として影響力の拡大を目指すクリスティー氏に打撃とな ることも予想される。

原題:Christie Apologizes for Bridge Traffic After Firing Top Aide (3)(抜粋)

--取材協力:John McCormick、David Voreacos、Derek Wallbank、Esme E. Deprez、William Selway. Editors: Stacie Sherman, Stephen Merelman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE