世界PC出荷台数:13年は10%減、過去最大の減少幅-調査会社

2013年の世界のパソコン(PC)出 荷台数は10%減と、過去最高の落ち込みを記録した。ホリデーシーズン の販売が低迷し、消費者や企業がデスクトップやラップトップからモバ イル機器にシフトしていることが示された。

米調査会社ガートナーの9日の発表資料によれば、昨年のPC出荷 台数は3億1590万台と、09年の水準に戻った。調査会社IDCもPC出 荷台数の減少幅が過去最大になったと指摘した。

ガートナーのアナリスト、北川美佳子氏は「ホリデーシーズンでは タブレット端末が人気商品の1つで、個人消費はPCに向かわなかっ た」と指摘。「新興市場では大半の消費者にとって、最初に手にするイ ンターネットに接続された機器はスマホで、初めてのコンピューター・ デバイスがタブレット端末だ」と述べた。

ガートナーによると、13年10-12月(第4四半期)のPC出荷台数 は6.9%減の8260万台で、7四半期連続で減少。IDCは第4四半期 が5.6%減としている。

ガートナーの発表では、メーカー別で10-12月期はレノボ・グルー プ(聯想集団)が首位の座を維持し、市場シェアは18.1%。2位がヒュ ーレット・パッカード(HP)で16.4%、3位はデルだった。

原題:PCs Mark Steepest Drop With Shipments Slumping 10% in 2013 (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE