国際スワップ協会、ユーロLIBORレートの公表中止へ

国際スワップデリバティブ協会( ISDA)は金利デリバティブ(金融派生商品)の指標である ISDAFIXのユーロ建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)連 動レートの公表を取りやめる。シティグループが同レート設定のための データ申告から撤退を決めたことを受けた措置。

ISDAは市場規模693兆ドル(約7京2600兆円)の店頭デリバテ ィブ(金融派生商品)に関する国際的な業界団体。ISDAの広報担当 スティーブ・ケネディ氏は、シティの撤退により申告銀行は5行となり 必要最低数を下回るため、11日以降は「ISDAFIXユーロ LIBORレート」の公表を取りやめると説明した。

シティグループの広報担当、スコット・ヘルフマン氏は同行の撤退 が間違いないと認めた上で、参加は任意ベースだと述べた。

現在、指標金利の不正操作問題で世界的に調査が行われ、その見直 しが進んでいる。LIBOR問題では複数のディーラーが米英当局から 多額の制裁金を科されたほか、銀行申告レートに基づくISDAFIX の一部も不正操作の疑いで調査を受けている。

原題:ISDA to Kill Euro Libor Rate as Citigroup Pulls Submissions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE