NY原油(9日):8カ月ぶり安値、高い在庫水準を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は続落 し、8カ月ぶり安値。米国での原油生産が急増したことに加え、石油製 品の高い在庫水準と消費減少が嫌気された。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)で天然資源関 連の債券ポートフォリオを運用するマネジングディレクター、アダム・ ワイズ氏は「国内の原油生産は非常に大きく増加した」と指摘。「増産 は続くだろう。供給に勢いが付き、流通手段も改善しつつある」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比67セント(0.73%)安の1バレル=91.66ドルで終了。終値としては 昨年5月1日以来の安値。

原題:WTI Crude Tumbles to Eight-Month Low Amid Ample U.S. Stockpiles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE