NY金:4日ぶり上昇、現物需要増加の観測-雇用統計待ち

ニューヨーク金先物相場は今週初の 上昇。延べ棒やコイン、宝飾品の需要が高まったとの観測が買い手掛か り。英国王立造幣局は2014年のソブリン金貨の在庫が底を突いたと明ら かにした。市場では10日発表の米雇用統計に注目が集まっている。

ダニエル・ブリーゼマン氏(フランクフルト)を中心とするコメル ツ銀行のアナリストはリポートで、「金価格の下落で昨年は金貨や延べ 棒の需要が非常に力強かった。このトレンドは年初も続いているよう だ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.3%高の1オンス=1229.40ドルで終了した。

原題:Gold Gains First Time in Four Days on Increased Physical Demand(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Luzi Ann Javier、Nicholas Larkin. Editors: Joe Richter, Patrick McKiernan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE