イエレン次期議長:米成長は今年加速へ、3%台予想-タイム誌

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長の後任として今週上院で指名が承認されたイエレン次期 FRB議長はタイム誌とのインタビューで、米経済成長が今年加速し、 より多くの雇用機会が生まれるとの見通しを示した。

イエレン氏は「今年は成長が勢いを増すと考えている」と述べ、自 身を含め連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの大半は今年の米国 内総生産(GDP)成長率の最初の数字が「2ではなく3」になるとい う期待を抱いていると語った。

これまでの「回復はいら立たしいほど遅かったが、人々が再び職を 得られる状況に向けて前進し、インフレ率についてはわれわれの長期的 な目標である2%に向かって戻っていくと予想している」と付け加え た。

イエレン氏は資産購入が「金持ちだけを助けている」という見方を 否定。「それは真実ではない」とし、「われわれの政策は長期金利を押 し下げ、それによって支出を促し成長を後押しすることが目的だ」と説 明した。

量的緩和(QE)による景気刺激の一部は「住宅値上がりと株価上 昇を通じて生じる。これらは住宅と株を持っている人の支出を促し、経 済全体の雇用創出と所得増大につながる」と語った。

今月31日に任期満了するバーナンキ議長から引き継いだ後の最初の 優先課題は失業を減らすことだとした上で、「実質賃金の上昇を見た い」と述べた。

銀行規制については、2010年の金融規制改革法(ドッド・フランク 法)は「必要な措置の大半について道筋を示した優れた工程表だ。しか し、まだ取られていない幾つかの措置を追加で講じる必要があるかもし れない」と語った。

原題:Yellen Says U.S. Economy May Strengthen This Year, Time Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE