インド株(終了):総じて下落、ラーセン安い-決算期を控え

9日のインド株式相場は総じて下 落。同国での企業決算シーズンは10日に始まる。

インド最大のエンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブロ は指数構成銘柄の中で最もきつい値下がりとなった。一方、金を担保と した融資を手掛けるムトゥート・ファイナンスとマナプラム・ファイナ ンスは値幅制限いっぱいの20%高。インド準備銀行(中央銀行)が融資 基準の規制を緩和したことが背景にある。国内2位のソフトウエア輸出 企業、インフォシスは4日ぶりに上昇。同社の決算発表日は10日。

指標のS&Pセンセックス指数は前日比16.01ポイント(0.1%)安 の20713.37で終了。より幅広い銘柄を対象にしたS&P・BSE100指 数は0.2%安。騰落比率は2対3だった。

原題:Most Indian Stocks Drop Before Earnings; Gold-Loan Lenders Jump(抜粋)

--取材協力:Anto Antony、Ameya Karve. Editors: Ravil Shirodkar, Matthew Oakley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE