11月ドイツ鉱工業生産は前月比で3カ月ぶり増加-予想上回る

ドイツでは2013年11月の鉱工業生産 が増加し、前月比で3カ月ぶりにプラスとなった。同国の景気回復が勢 いを増している兆候が示された。

独経済技術省が9日発表した11月の鉱工業生産指数は前月比1.9% 上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト32人の予想中 央値は1.5%上昇だった。前年同月比(営業日数調整後)では3.5%上 昇。10月の指数は前月比1.2%低下、前年同月比では1.1%上昇(改定 値)だった。

この日の統計は、ドイツ経済の成長拡大を示す最近の経済指標の一 連の流れと一致。11月の製造業受注は予想を上回る伸びとなったほか、 Ifo経済研究所がまとめた12月の企業景況感指数は1年8カ月ぶりの 高水準に達し、国内総生産(GDP)が向こう数カ月は「力強く」伸び るとのドイツ連邦銀行(中央銀行)の予想を裏付けている。

ウニクレディトMIBのドイツ担当チーフエコノミスト、アンドレ アス・リース氏(ミュンヘン在勤)は「ドイツの鉱工業分野で回復の勢 いが昨年末に向けて強まった」と述べ、「ドイツ経済のほか欧州経済で もプラスの兆候がますます増えている」と付け加えた。

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Jana Randow, Paul Gordon

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE