NY外為:ユーロが1カ月ぶり安値から上昇

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが対ドルで一時付けた1カ月ぶり安値から上昇。欧州中央銀行( ECB)のドラギ総裁は、経済成長を支えるため長期にわたり低金利を 維持する姿勢を強調した。

ドルは主要通貨のバスケットに対して4カ月ぶりの高水準を付け た。新規失業保険申請件数の減少に反応した。米労働省はあす10日に昨 年12月の雇用統計を発表する。新興市場通貨は大きく下落。米国の雇用 が十分増加し、金融当局は世界の市場の流動性を増やしてきた債券購入 プログラムの縮小継続が可能になるとの観測が背景にある。カナダ・ド ルは4年ぶり安値に下落した。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)はドラギ総裁の発言に ついて、「フォワードガイダンスと低金利維持の姿勢が著しく強化され た」と指摘。「投資家は10日の米雇用統計発表を前に、ユーロのポジシ ョンをフラットにしておきたいようだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.2%高 の1ユーロ=1.3608ドル。一時1.3549ドルと、昨年12月5日以来の安値 を付けたが、100日移動平均の1.3546ドルの水準を割り込まなかった。 対円では0.2%上げて142円65銭。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル =104円82銭。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.1%下げて1028.21。一時1030.42と、9月9日以来の高水 準を付けた。

新興市場通貨は下落

BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)通貨 の加重平均バスケットはドルに対して94.76と、9月10日以来の低水準 に下落。昨年5月には101.5の高水準を付けていた。

シティグループのマクロ戦略責任者ジェレミー・へイル氏(ロンド ン在勤)は9日付のリポートで、「為替に関して当社が広く注目してい るのはドルの普遍的な強さというよりも、G10通貨と比較した新興市場 通貨の弱さだ」と指摘した。

南アフリカ・ランドは対ドルで0.2%安の1ドル=10.7962ランド。 一時10.8353ランドと、08年10月以来の安値を付けた。

カナダ・ドルは09年以来の安値に下落。雇用の伸び鈍化を受け、カ ナダ中銀が利下げ検討に傾くとの観測が広がっている。

カナダ・ドルは0.2%安の1米ドル=1.0842カナダ・ドル。一 時1.0875カナダ・ドルと、09年10月以来の安値を付けた。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は33万件と、前週の34万5000件(速報値33万9000件)から1万5000件減 少した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は33万5000件だった。ブルームバーグが実施した調査によれば、労働 省が10日発表する12月の雇用統計では雇用者数の19万6000人増加が予想 されている。11月は20万3000人だった。

「より強い文言」

ユーロは早い段階ではドルに対して下落していた。ドラギ総裁は ECBが「フォワードガイダンスの強化を示すより強い文言」を意識し たと説明。ECBは政策委員会で、短期金利の調節手段である短期買い オペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応札金利を過去最 低の0.25%で据え置くことを決めた。ブルームバーグ・ニュースがエコ ノミスト51人を対象に実施した調査で全員が予想していた通りだった。

ドラギ総裁は「景気回復は輸出のみに頼った成長から徐々に内需へ と広がりつつあるが、勝利宣言をするのは時期尚早だ」と述べた。

原題:Euro Rises From Lowest in Month as Draghi Strengthens Pledge(抜粋)

--取材協力:Wes Goodman、大塚美佳、Masaki Kondo、Kristine Aquino、David Goodman. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE