中国自動車市場、昨年の年間販売台数が2000万台突破-世界初

中国は自動車の年間販売台数が2000 万台を突破した初めての国となった。トヨタ自動車と米ゼネラル・モー ターズ(GM)、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は昨年、中国で 過去最高の販売台数を記録した。

中国自動車工業協会(CAAM)が9日発表した2013年の国内自動 車販売台数(卸売りベース)は前年比14%増の2198万台。14年は2400万 台を上回ると予想している。また、バスや商用トラックを除いた乗用車 の年間販売台数は16%増の1793万台と、米自動車市場より15%大きな規 模となった。CAAMは14年の乗用車販売台数が9-11%増えると見込 んでいる。

尖閣諸島をめぐる日中対立のあおりで12年に大きな打撃を受けた日 本車メーカーは昨年、販売台数を回復させた。ただトヨタは中国市場で の外国車メーカーとしては6位に後退した。

中国を最大の市場とするGMは8年連続で外国車メーカー首位とな った。同社は年間販売台数を11%増やし316万台としたが、月内に年間 販売台数を発表するVWがGMとの差を詰めると見込まれている。

インドでも同日、13年の自動車販売台数が発表された。インド自動 車工業会によれば、トラックやバスを含む13年の販売台数は前年 比9.2%減の324万台。乗用車販売は7%減の250万台となった。景気減 速や割高な自動車ローンが響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE