中国が銀行に情報開示改善を指示、シャドーバンキング対策で

中国の銀行監督当局は国内銀行に対 し、簿外資産や銀行間の負債などのデータを開示するよう指示した。シ ャドーバンキング(影の銀行)監督強化の一環。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が8日発表したところでは、 総資産1兆6000億元(約27兆7000億円)以上の銀行は12項目のデータを 毎期末から4カ月内に公表する必要がある。銀監会は国際的な銀行資本 規制を行うバーゼル委員会の規定に沿った措置だと説明している。

事情に詳しい関係者3人は今週、中国国務院が簿外の融資を対象に 規定の強化を命じ、シャドーバンキングに新たな規制を課したことを明 らかにしていた。JPモルガン・チェースの推計によれば、中国のシャ ドーバンキングの規模は36兆元と2012年の国内総生産(GDP)の69% に相当し、金融システムの安定を脅かす恐れがある。

ブルームバーグ・データでは、株式を公開している中国の19行のう ち、少なくとも12行が銀監会の新規定の適用対象となる。銀監会による と、開示を義務付けた項目には、デリバティブ(金融派生商品)やクロ スボーダーの資産と負債に関するデータも含まれる。

原題:China Tells Banks to Improve Disclosures in Shadow-Lending Fight(抜粋)

--Aipeng Soo. Editors: Nathaniel Espino, Darren Boey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE