中国株(終了):上海総合指数、下落-長城汽車が安い

中国株式相場は下落し、上海総合指 数が5カ月ぶりの安値となった。自動車株が下げを主導。10日には昨 年12月の中国貿易統計が発表される。

スポーツ型多目的車(SUV)生産で中国最大手の長城汽車 (601633 CH)が下落。今年の販売の伸びが鈍化するとの見通しが嫌気 された。産銅会社の雲南銅業(000878 CH)は約5年ぶりの安値を付け た。

一方、中国海洋石油(CNOOC)傘下の海洋石油工程(600583 CH)は9.9%高。同社は昨年の利益が3倍に増えたもようだと発表し た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比16.72ポイント(0.8%)安の2027.62で終 了。一時0.6%高まで上昇した。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は0.9%安の2222.22。

中国が9日した昨年12月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比 で低下し、1990年代以降で最長の低下局面となった。ブルームバーグが まとめたエコノミスト39人の予想中央値によれば、同月の輸出伸び率は 5%と、前月の12.7%から鈍化する見込みだ。

申銀万国証券のトレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏(上海在 勤)は「比較的軟調な輸出入の数字を予想している投資家もいるかもし れないが、われわれは基本的に市場予想近辺の水準になるとみている」 と指摘。「今朝発表されたマクロ指標に驚きはなかった。午前の取引で の上昇はやや行き過ぎで、その反動が出たようだ」と述べた。

原題:China’s Stocks Fall to Five-Month Low as Great Wall Motor Slumps(抜粋)

--取材協力:Belinda Cao. Editors: Allen Wan, Ravil Shirodkar

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE