英RBS、米シティズンズ部門の買収案あれば前向き検討も

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)は、米子会社RBSシティズンズ・フ ァイナンシャル・グループについて今年、新規株式公開(IPO)を実 施する準備を進めているが、買収提案があれば前向きに検討する用意が あるだろうと、同子会社のブルース・バンソーン最高経営責任者 (CEO)が指摘した。

バンソーンCEOは7日のインタビューで「誰かが驚くような価格 を提示すれば、彼らがそれに応じることは間違いない」と語った。

届け出や当局のデータによると、シティズンズは昨年9月末時点で 資産1210億ドル(約12兆7000億円)、有形株主資本約120億ドルを保有 する米24位の銀行持ち株会社。ブルームバーグのデータによると、売却 が実現すれば、2011年に米銀キャピタル・ワン・ファイナンシャルが INGグループの米オンライン銀行部門を90億ドルで買収して以来の大 型案件となる。

バンソーンCEOによると、シティズンズは複数の売却先候補と協 議しているが、「実際に具体的な内容」には至っていない。英紙サンデ ー・タイムズは昨年10月、カナダのトロント・ドミニオン銀行がシティ ズンズ買収を検討していると報じた。

原題:RBS Open to Takeover Bids for Citizens Before IPO, Van Saun Says(抜粋)

--取材協力:Gavin Finch. Editors: Mohammed Hadi, Peter Eichenbaum

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE