米トウモロコシ在庫、1994年以降で最大の増加か-豊作で

世界最大のトウモロコシ生産国であ る米国の在庫が、過去19年で最大の増加率を示すと予想されている。記 録的な豊作で生産が需要を上回っているためだ。

ブルームバーグがアナリスト24人を対象に実施した調査の平均値で は、昨年12月1日時点のトウモロコシ在庫は107億6400万ブッシェル と、前年同期を34%上回った可能性が高いとみられている。ニューエッ ジUSAのダン・セカンダー氏によると、増加率は1994年以降で最大 で、在庫増によりトウモロコシ先物3月限はさらに10%下落し1ブッシ ェル当たり3.75ドルになると予想される。

アグリソース(シカゴ)のチーフエコノミスト、ビル・ティアニー 氏は「2012年の米国の干ばつに伴って供給が不足していたトウモロコシ は、在庫が過剰になっている」と指摘。「潤沢な在庫に需要が追い付く までには2年以上かかるだろう」と述べた。

トウモロコシ先物相場は12年に過去最高値の8.49ドルに達したが、 昨年は1960年以降で最大の下落を示した。下落率はS&P・GSCIス ポット指数を構成する商品24品目のうち最大だった。同指数は年間ベー スで2.2%低下した。

原題:Corn Pile Biggest Since 1994 as Crop Overwhelms Use: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE