英国王立造幣局、ソブリン金貨の在庫が底突く-需要急増で

1000年以上の歴史を誇る英国王立造 幣局は、2014年のソブリン金貨の在庫が底を突いたことを明らかにし た。金価格が半年ぶりの安値に下落し、需要が異例な水準に高まったこ とが要因。

同造幣局が8日電子メールで送付した文書によると、在庫は1月末 までに補充される見込み。ブリタニア金貨と銀貨については十分に在庫 があるとしている。金現物相場は昨年12月31日に半年ぶりの安値である 1オンス当たり1182.27ドルを付け、年間ベースの下落率は1981年以降 で最大となった。

金貨や地金の売買を手掛けるジュエラーズ・トレード・サービシズ (ロンドン)のディレクター、ダニエル・マーバーガー氏は8日の電話 インタビューで「価格が低水準となっているため需要が高まっている」 と指摘。また、年初に当たり多くの企業が金貨の在庫を補充していると 述べた。

原題:U.K. Royal Mint Runs Out of Sovereign Gold Coins on Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE