Tモバイル契約者増予想上回る-パーティー退場のCEOが公表

米携帯電話サービスのTモバイル USのジョン・レギア最高経営責任者(CEO)は8日の家電見本市で のスピーチで、昨年10-12月(第4四半期)の契約者数の数字を公表し た。携帯業界の反逆児を自称する同CEOは今週、見本市の出席者向け にAT&Tが主催したパーティーから退場させられたばかり。

レギアCEOは、ラスベガスで開かれた家電見本市「インターナシ ョナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、 昨年10-12月のTモバイルの毎月の契約者数が86万9000人増えたことを 明らかにした。アナリストの予想平均である約65万人を上回った。同 CEOは、過去8年で最も良い四半期であり、同社は米国で最も成長著 しい携帯電話事業者になったと述べた。

レギアCEOは、顧客がTモバイルに乗り換えた場合に同社が早期 解約手数料を負担するプランを発表するなど、顧客の関心を引く新たな 戦術を打ち出している。同CEOは今週、ピンク色のTモバイルのTシ ャツを着てAT&Tのパーティーに姿を現した。ラップ歌手マックルモ アのライブを見るために来たと説明していたが、イベント会場から退場 を強制された。

原題:T-Mobile CEO Follows Up Party Crashing With Subscriber Gains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE