米社債保証コストが3日連続で上昇-GEやトヨタが起債

8日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが3日連続で上 昇。米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)が3つのトランシュ で構成する総額30億ドル相当の社債を起債した。

ブルームバーグの集計データによると、北米企業の信用リスクの指 標であるマークイットCDX北米投資適格指数はニューヨーク時間午後 4時33分(日本時間9日午前6時33分)現在、0.9ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の65.1bp。前日までの2日間で計1.5 bp上昇していた。

ブルームバーグ・データによれば、今年償還期限を迎える社債が米 国の発行体で最も多いGEは、子会社GEキャピタルを通じて、2年物 の変動利付債(FRN)15億ドル、5年物債10億ドル、5年物FRN5 億ドル相当を起債した。

このほか欧州3位の石油会社の仏トタルはドル建て債総額25億ドル 相当、トヨタ自動車の金融部門もFRN2本総額18億ドル相当をそれぞ れ起債した。

原題:Credit Swaps Rise as General Electric Sells $3 Billion of Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE