ブラジル株:ボベスパは反発-成長見通し改善で住宅建設株高い

8日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が反発。鉱工業生産が増加し、ブラジル経済の回復は足 踏み状態にあるとの懸念が和らいだことから、PDGレアルティSAエ ンプレエンジメントス・エ・パルチシパソンエスを中心に住宅建設株が 買われた。

PDGは2.2%高。カード決済処理会社シエロは0.1%上昇し、2カ 月ぶりの高値。バンコBTGパクチュアルが投資判断を「バイ(買 い)」に引き上げたことが好感された。鉄鉱石生産のヴァーレ は0.6%、鉄道会社オール・アメリカ・ラティーナ・ロジスティカは 3%それぞれ上昇した。一方、ブラジル最大の食品メーカーのBRF は3.4%下落し、昨年10月以来の大幅安となった。

ボベスパ指数は前日比0.3%高の50576.64で終了。指数構成銘柄の うち上昇が38銘柄、下落は33銘柄。通貨レアルはサンパウロ時間午後5 時21分(日本時間9日午前4時21分)現在、0.8%安の1ドル=2.3925 レアル。

オラマ・アセット・マネジメントのパートナー、アルバロ・バンデ イラ氏は電話インタビューで「2013年にボベスパ指数のパフォーマンス が悪かったのはブラジル経済に対する悲観的な見方が一因だった。今日 のように好材料があれば、多少修正が入る」と指摘。「指数の大幅な回 復が続くには不十分だが、短期的には後押しとなるだろう」と述べた。

ブラジル統計局が8日発表した昨年11月の鉱工業生産は前年同月 比0.4%増加。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は 同0.8%減だった。前月比では0.2%減と、減少幅はエコノミスト全員の 予想を下回った。

原題:Ibovespa Snaps Two-Day Drop as Brazil Growth Outlook Boosts PDG(抜粋)

--取材協力:Julia Leite. Editors: Dennis Fitzgerald, Mark Sweetman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE