NY外為:ドルが一時4カ月ぶり高値-FOMC議事録に反応

ニューヨーク外国為替市場では、ド ルが一時4カ月ぶり高値に上昇。この日公表された連邦公開市場委員会 (FOMC、昨年12月17-18日開催)の議事録によれば、政策当局者ら は債券購入プログラムについて、経済への効果が低下しつつあるとの認 識を示したほか、金融安定へのリスクが生じる恐れがあると懸念を表明 した。

ユーロはドルに対して一時、1カ月ぶり安値に下落。給与明細書作 成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートがこの日発表した給 与名簿に基づく集計調査によると、12月の米民間部門の雇用者数は前月 比23万8000人増加した。労働省は12月の雇用統計を今週10日に発表す る。カナダ・ドルは3日続落。インド・ルピーは上昇した。

みずほ銀行のストラテジスト、シレーン・ハラーリ氏(ニューヨー ク在勤)は「米金融当局が緩和縮小を推し進め、2014年を通じて継続す るという市場の見方を裏付けた」と指摘。「ドルが上昇しているのは、 朝方のADP民間雇用統計によるプラス効果が続いているためだ。そこ に緩和縮小という材料が加わっている」と分析した。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇 の1028.79。前日は0.3%上げていた。この日は一時1030.12と、9月9 日以来の水準に上げた。

ドルは対ユーロで0.3%高の1ユーロ=1.3576ドル。一時1.3554ド ルと、12月5日以来の高値を付けた。対円では0.3%上昇し1ドル=104 円86銭。円は対ユーロで0.1%高の1ユーロ=142円35銭。

カナダ・ドル

カナダ・ドルは3日続落。カナダ中銀のポロズ総裁は前日、利上げ 圧力には直面していないと述べた。

カナダ・ドルは米ドルに対し0.5%安の1米ドル=1.0820カナダ・ ドル。一時1.0830カナダ・ドルと、2010年5月以来の安値を付けた。

インド・ルピーは上昇。ブルームバーグが市場関係者27人を対象に まとめた調査では、今週発表されるインドの11月の鉱工業生産指数は前 年同月比0.9%上昇が見込まれている。前月は同1.8%低下だった。

ルピーは対ドルで0.4%上昇し1ドル=62.0750ルピー。

FOMC議事録

FOMC議事録は、購入縮小の具体的なスケジュールについて触れ ていない。FOMCは12月の会合で、労働市場環境の改善を理由に債券 購入額を毎月850億ドルから750億ドルに縮小することを決定した。

議事録では、「参加者の過半数は、購入が継続する中で、購入に伴 う限界的な効果は低下しつつある可能性が高いと判断した」と記した。 同時に参加者は、「金融安定へのリスクから生じる、追加資産購入に伴 う限界的なコストへの懸念を表明した」と説明した。

FOMCは今月28-29日の会合で、債券購入ペースを段階的に減速 させる戦略に沿って次のステップを検討する。ブルームバーグ・ニュー スが12月19日に実施した調査の中央値では、FOMCは今後7会合にお いて100億ドルずつ購入額を縮小させ、12月にプログラムを終了させる と見込まれている。

原題:Dollar Advances to Highest in Four Months on Fed Stimulus Views (抜粋)

--取材協力:池田祐美、Yewon Kang、Kristine Aquino、Masaki Kondo、David Goodman. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE