JPモルガンやUBSを米当局調査、RMBSめぐり-関係者

JPモルガン・チェースやUBSな どの銀行が金融危機後の住宅ローン担保証券(RMBS)取引に関する 情報の提出を米当局に求められた。事情に詳しい関係者2人が明らかに した。

部外秘を理由にこれら関係者が匿名で明らかにしたことろによれ ば、同調査は初期段階にある。資産額で米銀最大手のJPモルガンは昨 年8月の当局への届け出で、米証券取引委員会(SEC)と財務省の問 題資産購入計画(TARP)責任者、コネティカット州の連邦地検から 召喚状を受け取り、情報を求められたと述べていた。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は7日、バークレ イズ、シティグループ、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス・グルー プ、モルガン・スタンレー、ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド・グループ(RBS)も調査を受けていると伝えた。

WSJが報じた各行およびJPモルガン、UBSの広報担当はいず れもコメントを控えると述べた。SECのネスター報道官とTARPの グラビット報道官もコメントを避けた。

今回の調査は、米投資銀行ジェフリーズの元マネジングディレクタ ー、ジェシー・リトバック被告が2009-11年に200万ドル余りの RMBS取引で顧客を欺いたとして昨年1月に逮捕・起訴された後に始 まった。

原題:JPMorgan, UBS Said to Be Among Banks in Mortgage Trading Probe(抜粋)

--取材協力:Chris Dolmetsch. Editors: Rick Green, Dan Kraut

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE