アジア株:MSCI指数が上昇-IMFが世界成長予想引き上げ

8日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数は5営業日ぶりに反発した。国際通貨基金 (IMF)が世界の成長予想を上方修正するとラガルド専務理事が明ら かにしたことや、米貿易赤字の縮小が好感された。

中国が13年にわたった据え置き型ゲーム機の禁止措置を解除したこ とを受け、東京市場では任天堂が上昇。セブン&アイ・ホールディング スも高い。靴小売りで中国最大手の百麗国際(1880 HK)は香港市場 で11%高。同社の下半期業績が増益だったとのバークレイズの見方が背 景。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時26分現在、前日 比0.9%高の139.78。構成銘柄のうち値上がりと値下がりの比率は約3 対1。前日は昨年12月19日以来の安値引けだった。

SMBC日興証券株式調査部の西広市部長は電話取材で、「米国の 貿易統計やIMFによる世界の成長予測の上方修正見通しなどから判断 し、世界景気は回復傾向にあるとみられる」と指摘。「米国の昨年10 -12月(第4四半期)業績は良好が見込まれるほか、日本の企業業績も 上振れ期待が強い」と述べた。

原題:Asian Stocks Snap Four-Day Loss as IMF to Raise Economic Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE