リーマン・マネジメント出身のノートン氏、バイク事故で死去

投資会社リーマン・マネジメントと その後継2社の株式セールス・マーケティング部門に29年間在籍したロ バート・ノートン氏は昨年12月31日、バイク事故で死去した。61歳だっ た。

フロリダ州ボカラトンでノートン氏の運転するハーレーダビッドソ ン・ウルトラクラシックが走行する車線に入ってきたミニクーパーと衝 突し、同氏はハーレーから投げ出された。パームビーチ郡保安官事務所 の報告書で明らかになった。ノートン氏は即死と判断された。警察が事 故の状況を調べている。ノートン氏はフロリダ州デルレイビーチとニュ ージャージー州ビーチヘイブンに在住していた。

養子のローレン・グレイさんによると、ハーレー、カマロ、コルベ ットなど古き良き時代の米国製メカを所有・運転することに生涯情熱を 注いでいた。

ノートン氏は1984年、シェアソン・リーマン/アメリカン・エキス プレスの投資部門であるリーマン・マネジメントに入社。シェアソン部 門の後継会社であるアーク・アセット・マネジメントでは、マネジング ディレクターやマーケティング責任者を歴任した。

2009年以降は、スミス・グレアム・アンド・カンパニー・インベス トメント・アドバイザーズでエグゼクティブ・バイスプレジデントや株 式セールス・マーケティング担当ディレクターを務め、ニューヨーク市 とフロリダ州で勤務した。

原題:Robert Norton, Lehman Veteran, Dies in Collision on Harley at 61(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE