SF連銀総裁、リバースレポは金利コントロールの効果的手段

米サンフランシスコ連銀のウィリア ムズ総裁は7日、米金融当局が異例の景気刺激策の縮小に着手するのに 際し、リバースレポ取引が金利をコントロールするための効果的な手段 となる可能性があるとの考えを示した。

同総裁はアリゾナ州フェニックスで講演後、記者団に語ったもの で、リバースレポについて「これは極めて有益な手段となり得る」と指 摘。米連邦準備制度が「巨額のバランスシートと超過準備」を抱える中 でも、「短期金利をより直接的にコントロールすることが可能になる」 と語った。

フィラデルフィアで4日に講演したニューヨーク連銀のダドリー総 裁は、同連銀が試験的に行っている固定金利・金額無制限の翌日物リバ ースレポについて、「将来のある時点で本格運用を決めるかもしれな い」と述べ、米金融当局がプログラム延長の決定を下す可能性があるこ とを明らかにした。

リバースレポは短期市場金利に下限を設けるのが狙いで、米金融当 局は米国債の貸し出しと引き換えに銀行やブローカーディーラー、マネ ー・マーケット・ファンド(MMF)、政府支援機関(GSE)の一部 から一時的に資金を吸収する。

ウィリアムズ総裁は7日、米連邦公開市場委員会(FOMC)では 金利をコントロールする手段を検討すると同時に、リバースレポの試行 から得られた知識について「議論・評価することになるだろう」と述べ た。

同総裁はまた、「われわれは金利をコントロールすることができる と私自身は確信している」とした上で、リバースレポは「その一段と円 滑な実行のための素晴らしい手段の1つにすぎない」と付け加えた。

原題:Fed’s Williams Says Reverse Repos May Be ‘Very Useful’ Rate Tool(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE