アジア・太平洋株式サマリー:香港、印株が上昇-上海指数は下落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が約7週間ぶりの大きな上げと なった。国際通貨基金(IMF)は世界の成長見通しを上方修正すると ラガルド専務理事が明らかにしたことや、米貿易赤字の縮小が好感され た。

米ウォルマート・ストアーズなどに玩具や衣料を納入するリー・ア ンド・フォン(利豊、494 HK)は1.9%上昇。靴小売りで中国最大手の 百麗国際(1880 HK)は13%高と、ハンセン指数の構成銘柄で最大の上 昇率。同社の昨年7-12月(下期)業績が増益だったとのバークレイズ の見方が背景。

香港に上場している中国本土の不動産開発会社で最大手の中国海外 発展(688 HK)は6.6%高。UBSが今年の住宅価格上昇を予測したこ とを受け、中国の不動産銘柄が値上がりした。

ハンセン指数は前日比283.81ポイント(1.3%)高の22996.59で終 了。昨年11月18日以来の大きな上昇率となった。ハンセン中国企業株( H株)指数は前日比0.9%高の10329.82。

ABNアムロ・プライベート・バンキングのアジア株調査責任者、 ダフニ・ロス氏(シンガポール在勤)は電話取材で、「世界の景気回復 は順調に進んでおり、輸出増加につながるとのコンセンサスが強まって いる」と指摘。「中国株のバリュエーション(株価評価)は極めて低 い」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が下落。今月からの新規株式公開 (IPO)再開で既存株から資金が流出するとの懸念が広がった。小型 株から成る創業板(チャイネクスト)指数は上昇。政府が保険会社に同 指数を構成する企業への投資を認めたことが好感された。

中海油田服務(601808 CH)は1.5%安。58億8000万香港ドル (約800億円)相当の新株割り当て計画が嫌気された。金価格の下落を 受け山東黄金鉱業(600547 CH)は3.9%安。一方、インターネット関連 の楽視網信息技術(300104 CH)は10%高。同社は創業板指数に占める ウエートが最大。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比2.98ポイント(0.2%)安の2044.34で終了。 今年に入って5営業日中4回目の下落となった。上海、深圳両証取のA 株に連動するCSI300指数は0.2%高の2241.91。創業板指数は3.9%高 と、昨年8月1日以来で最大の上げとなった。

正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは「これから多くのIPOが 予定されており、新株の供給が急増し、流動性を吸収すると予想され る」と指摘した。

上海総合指数は今年に入り3.4%下落。景気減速で利益が抑制され るとの懸念を背景に昨年は6.75%下げていた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は6営業 日ぶりに反発した。製薬株と素材銘柄が大きく上げた。

石炭生産で世界最大手のコール・インディアは4カ月ぶり大幅高。 中間配当の支払い検討を発表したことが買い材料。製薬会社シプラは昨 年9月以降で最も上げたほか、時価総額で最大の製薬会社サン・ファー マシューティカル・インダストリーズは6営業日続伸した。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比36.14ポイント(0.2%) 高の20729.38で終了。前日までの5営業日で2.3%下げていた。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比0.94ポイント安の5316.05。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.48ポイント安の1958.96。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比43.71ポイント(0.5%)高の8556.01。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE