米BOA、欧州の電力・天然ガス市場から撤退へ-取引減少で

米銀バンク・オブ・アメリカ( BOA)は、欧州の電力・天然ガス市場から撤退する見通しだ。投資機 会の縮小と規制強化に伴う取引の減少が背景にある。

BOAの広報担当者ジョン・マカイバー氏(ロンドン在勤)は7日 の電話インタビューで、余剰人員解雇の対象となる可能性のある従業員 数について、「2桁台の前半」と説明。詳細についてはコメントを控え た。欧州の電力・ガス在庫を処分するとともに、正式な売却プロセスを 通じて取引を手じまう予定だと述べた。

昨年は商品のS&P・GSCI指数が年間ベースとしては2008年以 降で初の下落を示し、ドイツの電力価格は16%下げた。ドイツ銀行と米 モルガン・スタンレーが商品取引部門の一部を閉鎖している。米連邦準 備制度理事会(FRB)は銀行による商品関連資産の保有について見直 しを進めており、規制当局は銀行に対し損失をカバーするための準備金 の積み増しを求めている。。

イースト・ミッドランズ・トレインズなどエネルギー実需業者に助 言する英イネンコ・グループの欧州電力・ガス市場スペシャリスト、ゲ ーリー・ホーンビー氏は「雪崩現象だ」と指摘。「取引に参加する銀行 の数が減ればボラティリティ(変動性)も低下する。投資機会が冷え込 む中、これらの市場から撤退する銀行が増える」と述べた。

原題:BofA Exits Power, Natural Gas in Europe as Trading Shrinks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE