1月7日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル反発、米貿易赤字縮小で-フランは対ユーロで下落

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。原油輸入の大幅減で11 月の米貿易赤字が予想以上に縮小し、米国資産の魅力が高まった。

スイス・フランはユーロに対し約3カ月ぶり安値に下落。欧州の高 利回り債が上昇し、相対的に安全なフランの需要が後退した。ボストン 連銀のローゼングレン総裁が景気回復のペースは遅過ぎるとの認識を示 したことを受けて、ドルは円に対し一時上げ幅を縮小した。カナダ・ド ルは2010年5月以来の安値。カナダの貿易赤字の大幅増が手掛かりとな った。

野村セキュリティーズ・インターナショナルの外国為替ストラテジ スト、チャールズ・サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は米貿易赤字 の縮小について、「エネルギー輸入の減少が大きく影響している。ここ 数年見られた多額の貿易赤字が徐々に縮小することを示唆しており、こ れはドルにプラスだ」と指摘。「米経済の成長を示す指標が力強さを増 しており、ドルを今後も支えるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上昇 の1026.49。前日は0.2%下げていた。

フランは対ユーロで0.5%安の1ユーロ=1.2379フラン。昨年12 月18日以降で最大の下げ。一時1.2382フランと、9月17日以来の安値を 付けた。円はドルに対し0.4%安の1ドル=104円60銭。前日は0.6%上 げていた。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.3616ドル。

カナダ・ドル

カナダ・ドルは3年ぶり安値。10月のカナダの貿易収支は速報では 黒字だったが、修正値では赤字となり、これで11月まで23カ月連続赤字 となった。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の外国為替戦略の責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロ ンドン在勤)は「カナダ銀行(中央銀行)がカナダ・ドルを通じて競争 力を高めたいと意識している事実を浮き彫りにしている」とし、「米国 とカナダの貿易収支を見てみると、一方は期待外れ、他方はポジティブ サプライズということになる」と続けた。

カナダ・ドルは対米ドルで1%安の1米ドル=1.0766カナダ・ド ル。一時1.0767カナダ・ドルと、10年5月以来の安値を付けた。

ローゼングレン総裁

ボストン連銀のローゼングレン総裁は、「金融政策の尚早な引き締 めで経済情勢の一段の正常化を遅らせたくはない」と述べた。同総裁は 前回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での債券購入の縮小決定に 唯一反対票を投じた。

総裁は米経済について、「求められる水準には程遠い」とも述べ、 FRBがインフレと雇用の両面で課された責務の達成から大きくかけ離 れた状況が続いていると指摘した。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「ローゼングレン総裁の発言はかなりハト 派的と受け止められた」と指摘。「きょうは比較的静かな日で、それを 理由に一部の投資家は8日と9日の重要な経済指標発表を前にポジショ ンを調整している可能性がある」と分析した。

原題:Dollar Gains as Trade Gap Shrinks to Four-Year Low; Franc Falls(抜粋)

◎米国株:4日ぶりに反発、病院や医療保険関連株が高い

7日の米国株は反発。4営業日ぶりに上昇した。病院や医療保険関 連の株が買われた。今週は労働省が雇用統計を発表するほか、企業の第 4四半期決算発表シーズンが始まる。

ダウ工業株30種に採用されているユナイテッドヘルス・グループと ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)はいずれも上昇。両社の投 資判断が引き上げられたことが手がかり。オンラインのDVDレンタ ル・映像配信サービスを手掛けるネットフリックスは下落。モルガン・ スタンレーが厳しい競争環境を指摘したことが嫌気された。

S&P500種株価指数は前日比0.6%高の1837.88。ダウ工業株30種 平均は105.84ドル(0.6%)上げて16530.94ドル。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの地域担当の最高投資 責任者(CIO)、ジョン・リンチ氏は電話取材に対し、「誰もが8日 の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録と10日の雇用統計を待って いる。これが米国株への信頼感を一層強める材料となる可能性がある」 と述べた。

アルミ生産のアルコアは9日の引け後に四半期決算を発表し、第4 四半期の決算シーズンがスタートする。ブルームバーグがまとめたアナ リスト予想によると、S&P500種採用企業の今年の増益率は平均 で9.7%と、前年のほぼ2倍が見込まれている。売上高は3.8%増が予想 されている。

統計と議事録

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートは 給与名簿に基づく集計調査を8日に発表する。また米連邦準備制度理事 会(FRB)は同日、12月開催のFOMC議事録を公表する。労働省 は10日に先月の雇用統計を発表する。

米上院本会議は6日、次期連邦準備制度理事会(FRB)議長に指 名されたジャネット・イエレン副議長の15代議長就任をめぐり採決を行 い、賛成56、反対26で承認した。1月31日に任期切れを迎えるバーナン キ議長の後任となる。

昨年11月の米貿易赤字は市場予想以上に縮小した。原油の輸入が3 年ぶり低水準となった一方、全体の輸出額は過去最高を記録した。商務 省が発表した昨年11月の貿易収支統計によると、財とサービスを合わせ た貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比12.9%縮小 し、343億ドルとなった。これは2009年10月以来の低水準となる。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)はこの日4.7%低下して12.92だった。

9指数が上昇

S&P500種のセクター別(全10業種)は9指数が上昇。指数構 成500銘柄の騰落比率は4対1。

上場銘柄の中で米医療保険最大手のユナイテッドヘルスは3.1%上 昇。ドイツ銀行が同社の株式投資判断をホールドから買いに引き上げ た。J&Jは2.1%高。RBCキャピタル・マーケッツが投資判断をセ クターパフォームからアウトパフォームに引き上げた。

このほか医療施設運営のテネット・ヘルスケアは4.9%上昇、 HCAホールディングスは2.7%値上がりした。クレディ・スイスが両 社の株式投資判断をアウトパフォームとした。

一方、ネットフリックスは5.6%安。モルガン・スタンレーが投資 判断をイコールウエートから、売り指定に相当するアンダーウエートに 引き下げた。モルガン・スタンレーは米国でデジタル・ビデオ・ストリ ーミングの競争が激化していると指摘した。

原題:U.S. Stocks Snap Three-Day Decline as Hospitals, Insurers Gain(抜粋)

◎米国債:上昇、ローゼングレン総裁が緩やかな緩和縮小を提唱

米国債相場は上昇。10年債利回りは2日連続で低下した。ボストン 連銀のローゼングレン総裁は量的緩和策を「極めて緩やかな」ペースで 縮小すべきであるとの考えを示した。

3年債入札(発行額300億ドル)で需要が10月以来の低水準にとど まったため、米国債相場は伸び悩む場面もあった。財務省は8日に10年 債(発行額210億ドル)、9日に30年債(同130億ドル)の入札を実施す る。10年債と3年債の利回り差は縮小した。8日には12月の連邦公開市 場委員会(FOMC)会合の議事録が公表される。

CIBCワールド・マーケッツのマネジングディレクター兼米国債 トレーディング責任者、トム・トゥッチ氏(ニューヨーク在勤)は入札 について、「まずまずだった。現状で強い需要があるかどうかは確信で きない。8日と9日の入札で市場は試されるだろう」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、既発3年債利回りは前日比変わらずの0.75%。同年 債(表面利率0.625%、2016年12月償還)価格は99 5/8。10年債利回り は2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.94%。

3年債と10年債の利回り差は219bp。12月6日には230bp と、2011年7月以来で最大に拡大した。

入札

3年債の最高落札利回りは0.799%。入札直前の市場予想は0.797% だった。前回入札では0.631%。

投資家の需要を測る指標の応札倍率は3.25倍と、昨年10月以来の低 水準となった。過去10回の平均は3.30倍。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「特に最近の入札が良かったことを考えると、この日の 入札は意外にも弱く、期待されたほど良くなかった」と指摘。「弱い入 札は今週の入札全体に悪い心理的な影響を及ぼす。償還期間の短い国債 で不透明感が出れば、期間が長くなるほど不透明感が増すかもしれな い」と述べた。

海外の中央銀行を含む間接入札者の落札全体に占める割合は28%。 過去10回の平均は32%だった。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接入 札者の比率は22.6%。過去10回の平均は16%。

中立が拡大

JPモルガンの調査によると、米国債に対する持ち高は6日までの 1週間で中立が72%と、前週の65%から拡大。昨年7月以来の高水準に なった。

売り越し(ネットショート)は2ポイントと、前週の5ポイントか ら縮小。売り持ちは前週の20%から15%に減少した。買い持ちも13% と、前週の15%から減少。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・コ ミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「運用する必要がある多くの資金が 様子見に回っている。投資家は景気の本当の現状を推し量ろうとしてい る。時間が経つにつれ、データ依存の状況が強まっている」と指摘し た。

ローゼングレン総裁はコネティカット州ハートフォードで講演。事 前に配布された原稿によると同総裁は「今の景気回復は緩慢過ぎる。金 融政策の尚早な引き締めで経済情勢の一段の正常化を遅らせたくはな い」と述べ、「失業率が依然として異例の高水準にとどまり、インフレ 率が著しく低い状態が続く現状では、極めて緩やかな正常化が適切だ」 と指摘した。

原題:Treasuries Rise as Fed’s Rosengren Says Taper Should Be Gradual(抜粋)

◎NY金:続落、1週間ぶりの大幅安-ドル上昇や米緩和縮小見通しで

ニューヨーク金先物相場は続落。1週間ぶりの大幅安となった。ド ルの上昇や米金融緩和縮小の見通しが背景。ドルは主要10通貨のバスケ ットに対して過去6営業日中、5日目の上昇となった。8日には米連邦 公開市場委員会(FOMC)の議事録(12月17、18日分)が公表され る。

TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メ レク氏は電話インタビューで、「FOMCが緩和にどのくらい真剣なの かを人々は知りたがっており、あすにさらなる詳細が出てくる」と指 摘。「ドルの上昇も金にはマイナスに働いている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.7%安の1オンス=1229.60ドルで終了。中心限月として は先月30日以来の大幅下落となった。

原題:Gold, Silver Fall Most in a Week on Dollar Rally, Fed Outlook(抜粋)

◎NY原油:下げ止まる、株高を好感-米寒波や在庫統計に注目

ニューヨーク原油先物相場は反発。昨年9月以来で最長の連続安か ら下げ止まった。ドイツの失業者数が5カ月ぶりに減少し、株高につな がったことが背景にある。また米国を襲ったほぼ20年ぶりの大寒波や、 8日発表される統計で原油在庫の6週連続減少が示されるとの見方も影 響した。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)の市場担当チーフストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「経済 が全般に回復しつつある兆候が続いている」と指摘。「気温の低下はエ ネルギーの需要を押し上げる。今の時点では原油需要に対して強気な材 料が多数ある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比24セント(0.26%)高の1バレル=93.67ドルで終了。

原題:WTI Crude Halts Longest Drop Since September as Equities Surge(抜粋)

◎欧州株:5年半ぶり高値-独雇用統計とアイルランド国債発行を好感

7日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数 は2008年5月以来の高値で終了した。ドイツで昨年12月の失業者数が2 年ぶりの大幅減少となったほか、救済プログラムから先月脱したアイル ランドが銀行団を通じて国債発行したことが手掛かり。

欧州の銀行株指数は2年半ぶり高水準まで上昇し、ストックス600 指数を押し上げる大きな要因となった。アイルランドの順調な国債発行 を背景に、域内全体で借り入れコストが低下した。デンマークのコンテ ナ海運会社、APモラー・マースクは07年11月以来の高値を付けた。ス ーパーマーケット・百貨店部門の株式を売却する計画が好感された。

ストックス600指数は前日比0.7%高の329.4で終了。昨年は17%上 昇し、ブルームバーグがまとめたデータによれば、株価収益率 (PER、予想収益ベース)が15.4倍に達し、5年平均の12.1倍を上回 った。

ノッツ・ストゥッキ(ジュネーブ)で資産運用に携わるピエール・ ムートン氏は電話インタビューで「ドイツにとって明るい材料は、欧州 全体にとってもプラスだ」とし、「景気循環に関して欧州経済が全体的 に昨年、底を打った可能性は極めて高い。投資家らは現在、慎重ながら も前向きとなっている」と述べた。

ドイツ連邦雇用庁(FLO)がこの日発表した12月の雇用統計によ ると、失業者数は前月比1万5000人減少。11年12月以降で最大の減少幅 となった。エコノミスト予想中央値は1000人減少だった。

アイルランドは10年債を37億5000万ユーロ発行。この額は目標とし ていた最低水準を上回った。

7日の西欧市場では18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇。独 DAX指数と仏CAC40指数はそれぞれ0.8%上げ、英FTSE100指数 は0.4%高となった。

原題:Europe Stocks Rise to 5 1/2-Year High on German Jobs, Irish Debt(抜粋)

◎欧州債:ユーロ圏の国債が軒並み上昇-景気回復兆候で信頼感高まる

7日の欧州債市場では、ユーロ圏諸国の国債が軒並み上昇。アイル ランド10年債利回りは2006年以来の低水準に、ギリシャ債利回りは10年 以降で最も低いレベルにそれぞれ下げた。景気回復の兆候が強まり、こ れを手掛かりに域内諸国の資産に対する信頼感が高まった。

スペイン10年債利回りは09年以降の最低まで下げ、イタリア10年債 利回りは5月以来の低水準となった。この日発表されたドイツの経済指 標では、12月の失業者の5カ月ぶり減少と11月の小売売上高の増加が示 された。アイルランドでは銀行団を通じた国債発行で需要が計画を上回 ったことから、支援プログラムから先月脱した同国の起債市場への復帰 は順調との楽観が強まった。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の欧州金利戦略責任者、 ルカ・イェリネック氏は「ユーロ圏への信頼感が改善したのに加え、デ ータは回復の勢いが増している状況を示唆している」と指摘。「財政上 のストレス軽減をもたらし得る環境で、それが周辺国債の需要を支えて いる」と語った。

ロンドン時間午後4時52分現在、スペイン10年債利回りは前日比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.80%。一時 は3.79%まで下げ、09年12月以来の低水準となった。同国債(表面利 率4.4%、2023年10月償還)価格は0.835上げ104.79。

ギリシャ10年債利回りは一時、40bp下げ7.80%。これは10年6月 以来の低水準。

アイルランドは銀行団を通じて10年債を37億5000万ユーロ発行。事 情に詳しい関係者によれば、当局は少なくとも30億ユーロの調達を計画 していた。

既発のアイルランド10年債利回りは7bp低下の3.28%。一時 は3.25%と、06年1月以来の水準まで下げた。ドイツ10年債利回りは2 bp低下の1.89%。2日には1.97%まで上昇していた。

英国債市場では10年債相場が3営業日続伸し、利回りは約2週間ぶ りの低水準となった。昨年12月に月間ベースで25bp上昇したのは行き 過ぎとの見方が広がった。

ロンドン時間午後4時32分現在、10年債利回りは前日比2bp低下 の2.95%。先月20日以来の低水準となる2.94%まで下げる場面もあっ た。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償還)価格は0.155上 げ94.125。

原題:European Bonds Rally From Ireland to Greece Amid Growth Optimism(抜粋) U.K. Bonds Rise for Third Day as Investors Weigh Growth Outlook (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE