NY原油:下げ止まる、株高を好感-米寒波や在庫統計に注目

ニューヨーク原油先物相場は反発。 昨年9月以来で最長の連続安から下げ止まった。ドイツの失業者数が5 カ月ぶりに減少し、株高につながったことが背景にある。また米国を襲 ったほぼ20年ぶりの大寒波や、8日発表される統計で原油在庫の6週連 続減少が示されるとの見方も影響した。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)の市場担当チーフストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「経済 が全般に回復しつつある兆候が続いている」と指摘。「気温の低下はエ ネルギーの需要を押し上げる。今の時点では原油需要に対して強気な材 料が多数ある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比24セント(0.26%)高の1バレル=93.67ドルで終了。

原題:WTI Crude Halts Longest Drop Since September as Equities Surge(抜粋)

--取材協力:Grant Smith. Editors: Margot Habiby, Dan Stets

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE