ユーロ圏の国債が軒並み上昇-景気回復の兆候で信頼感高まる

7日の欧州債市場では、ユーロ圏諸 国の国債が軒並み上昇。アイルランド10年債利回りは2006年以来の低水 準に、ギリシャ債利回りは10年以降で最も低いレベルにそれぞれ下げ た。景気回復の兆候が強まり、これを手掛かりに域内諸国の資産に対す る信頼感が高まった。

スペイン10年債利回りは09年以降の最低まで下げ、イタリア10年債 利回りは5月以来の低水準となった。この日発表されたドイツの経済指 標では、12月の失業者の5カ月ぶり減少と11月の小売売上高の増加が示 された。アイルランドでは銀行団を通じた国債発行で需要が計画を上回 ったことから、支援プログラムから先月脱した同国の起債市場への復帰 は順調との楽観が強まった。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の欧州金利戦略責任者、 ルカ・イェリネック氏は「ユーロ圏への信頼感が改善したのに加え、デ ータは回復の勢いが増している状況を示唆している」と指摘。「財政上 のストレス軽減をもたらし得る環境で、それが周辺国債の需要を支えて いる」と語った。

ロンドン時間午後4時52分現在、スペイン10年債利回りは前日比10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.80%。一時 は3.79%まで下げ、09年12月以来の低水準となった。同国債(表面利 率4.4%、2023年10月償還)価格は0.835上げ104.79。

ギリシャ10年債利回りは一時、40bp下げ7.80%。これは10年6月 以来の低水準。

アイルランドは銀行団を通じて10年債を37億5000万ユーロ発行。事 情に詳しい関係者によれば、当局は少なくとも30億ユーロの調達を計画 していた。

既発のアイルランド10年債利回りは7bp低下の3.28%。一時 は3.25%と、06年1月以来の水準まで下げた。ドイツ10年債利回りは2 bp低下の1.89%。2日には1.97%まで上昇していた。

英国債市場では10年債相場が3営業日続伸し、利回りは約2週間ぶ りの低水準となった。昨年12月に月間ベースで25bp上昇したのは行き 過ぎとの見方が広がった。

ロンドン時間午後4時32分現在、10年債利回りは前日比2bp低下 の2.95%。先月20日以来の低水準となる2.94%まで下げる場面もあっ た。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償還)価格は0.155上 げ94.125。

原題:European Bonds Rally From Ireland to Greece Amid Growth Optimism(抜粋) U.K. Bonds Rise for Third Day as Investors Weigh Growth Outlook (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE