NY外為:ドル反発、米貿易赤字の縮小で-フランは下落

ニューヨーク外国為替市場ではドル が上昇。原油輸入の大幅減で11月の米貿易赤字が予想以上に縮小し、米 国資産の魅力が高まった。

スイス・フランはユーロに対し約3カ月ぶり安値に下落。欧州の高 利回り債が上昇し、相対的に安全なフランの需要が後退した。ボストン 連銀のローゼングレン総裁が景気回復のペースは遅過ぎるとの認識を示 したことを受けて、ドルは円に対し一時上げ幅を縮小した。カナダ・ド ルは2010年5月以来の安値。カナダの貿易赤字の大幅増が手掛かりとな った。

野村セキュリティーズ・インターナショナルの外国為替ストラテジ スト、チャールズ・サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は米貿易赤字 の縮小について、「エネルギー輸入の減少が大きく影響している。ここ 数年見られた多額の貿易赤字が徐々に縮小することを示唆しており、こ れはドルにプラスだ」と指摘。「米経済の成長を示す指標が力強さを増 しており、ドルを今後も支えるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上昇 の1026.49。前日は0.2%下げていた。

フランは対ユーロで0.5%安の1ユーロ=1.2379フラン。昨年12 月18日以降で最大の下げ。一時1.2382フランと、9月17日以来の安値を 付けた。円はドルに対し0.4%安の1ドル=104円60銭。前日は0.6%上 げていた。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.3616ドル。

カナダ・ドル

カナダ・ドルは3年ぶり安値。10月のカナダの貿易収支は速報では 黒字だったが、修正値では赤字となり、これで11月まで23カ月連続赤字 となった。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の外国為替戦略の責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロ ンドン在勤)は「カナダ銀行(中央銀行)がカナダ・ドルを通じて競争 力を高めたいと意識している事実を浮き彫りにしている」とし、「米国 とカナダの貿易収支を見てみると、一方は期待外れ、他方はポジティブ サプライズということになる」と続けた。

カナダ・ドルは対米ドルで1%安の1米ドル=1.0766カナダ・ド ル。一時1.0767カナダ・ドルと、10年5月以来の安値を付けた。

ローゼングレン総裁

ボストン連銀のローゼングレン総裁は、「金融政策の尚早な引き締 めで経済情勢の一段の正常化を遅らせたくはない」と述べた。同総裁は 前回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での債券購入の縮小決定に 唯一反対票を投じた。

総裁は米経済について、「求められる水準には程遠い」とも述べ、 FRBがインフレと雇用の両面で課された責務の達成から大きくかけ離 れた状況が続いていると指摘した。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「ローゼングレン総裁の発言はかなりハト 派的と受け止められた」と指摘。「きょうは比較的静かな日で、それを 理由に一部の投資家は8日と9日の重要な経済指標発表を前にポジショ ンを調整している可能性がある」と分析した。

原題:Dollar Gains as Trade Gap Shrinks to Four-Year Low; Franc Falls(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、Kevin Buckland、Kristine Aquino、Masaki Kondo、Ari Altstedter、David Goodman、John Detrixhe. Editors: Paul Cox, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE