米ボストン連銀総裁:緩和縮小は極めて緩やかなペースが必要

米ボストン連銀のローゼングレン総 裁は、量的緩和策の縮小を「極めて緩やかな」ペースにして経済への打 撃を回避すべきだとの見解を示した。

ローゼングレン総裁は米コネティカット州ハートフォードで講演。 事前原稿によると同総裁は「今の景気回復は緩慢過ぎる。金融政策の尚 早な引き締めで経済情勢の一段の正常化を遅らせたくはない」と述べ、 「失業率が依然として異例の高水準にとどまり、インフレ率が著しく低 い状態が続く現状では、極めて緩やかな正常化が適切だ」と指摘した。

同総裁は債券購入の縮小に唯一反対票を投じた。今年は米連邦公開 市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。同総裁は2014年の米経済 成長率を3%と予想し、「雇用の伸びの改善や失業率の低下に沿った」 成長になるとの見方を示した。

その上で、米経済は「求められる水準には程遠い」とも述べ、 FRBがインフレと雇用の両面で課された責務の達成から大きくかけ離 れた状況が続いていると指摘。「インフレ率が当局の示した目標を持続 的に下回る状況は懸念要因になり得る」と述べた。低過ぎるインフレ率 は経済への「負の衝撃」がデフレを招くリスクを高めるとともに、イン フレ調整後の金利の上昇につながり十分なペースの経済成長の達成を難 しくすると解説した。

原題:Rosengren Says Fed Exit From Stimulus Should Only Be Gradual(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE