中国株(終了):上海総合指数、反発-上海貿易区関連に買い

中国株式市場では上海総合指数が5 カ月ぶり安値から反発した。政府が外資規制を緩和したことを受け、上 海自由貿易区関連銘柄が買われた。

上海国際港務(集団、600018 CH)と上海外高橋保税区開発 (900912 CH)は共にこの1カ月で最大の上昇。国務院が上海自由貿易 区での認可規則の一部や参入条件を修正したことが強材料。百視通新媒 体(600637 CH )は8.4%上昇。13年間続いた外資企業の据え置き型ゲ ーム機販売禁止が撤廃されたことが手掛かり。一方で中国建設銀行 (601939 CH)など銀行株は売られた。政府がシャドーバンキング(影 の銀行)業界に新たな規制を設けたと事情に詳しい関係者3人が明らか にした。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比1.61ポイント(0.1%)高の2047.32で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は0.64ポイ ント安の2238。

正徳人寿保険の呉侃マネーマネジャーは「政府は上海自由貿易区の 詳細なルールの策定を着実に推し進めている」と指摘した。

製造業やサービス業の統計悪化を背景に、上海総合指数は年明けか ら6日までの3営業日で3.3%安と、2002年以来最悪の出足となってい た。

中国証券監督管理委員会(証監会)は6日に4件の新規株式公開 (IPO)を追加承認し、再開後で認められたのは計31件となった。国 内のIPOは昨年1年間、停止されていた。

原題:China Stocks Rise From Five-Month Low as Trade-Zone Shares Jump(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE