中国電信:アイフォーンを値引き、最大手の参入控え

利用者数で中国3位の携帯電話会社 チャイナ・テレコム(中国電信)は米アップルのスマートフォン「iP hone(アイフォーン)5s」の契約価格を条件付きで約15%引き下 げた。国内最大手チャイナ・モバイル(中国移動)は17日からアイフォ ーン販売を開始する。

中国電信の販売促進資料によると、容量16ギガバイトの5sの場 合、値下げとアクセサリーなどの関連製品の無償提供で表示価格よりも 実質的に800元(約1万3800円)値引きする。月額189元の通信プランへ の加入が条件。同端末の北京での表示価格は5288元。

世界最多の7億6300万件の契約を持つ中国移動は先月、6年間の交 渉を経てアイフォーン販売契約を結んだ。昨年12月25日からアイフォー ンの予約を受け付けているが、販売開始は今月17日から。価格や販売奨 励金などの詳細はまだ発表していない。

国内2位の携帯電話会社チャイナ・ユニコム(中国聯通)は2009 年11月にアイフォーン販売を開始、中国電信は2012年3月から取り扱っ ている。チャイナ・ユニコムはまだ販売促進計画を発表していない。

原題:China Telecom Cuts IPhone Price Ahead of China Mobile Release(抜粋)

--Edmond Lococo. Editors: Aaron Clark, Robert Fenner

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE