NY原油先物時間外:5週間ぶり安値近辺-燃料在庫増観測で

ニューヨーク原油先物相場は7日の 時間外取引で約5週間ぶりの安値近辺で推移。米国の留出油とガソリン の在庫が増えているとの観測が嫌気されている。

原油先物相場は前日まで5営業日連続で下落し、昨年9月以降で最 長となった。米エネルギー情報局(EIA)が8日に発表する先週のヒ ーティングオイル(暖房油)とディーゼル油を含む留出油在庫は、ブル ームバーグ・ニュースの調査によると200万バレルの増加が予想されて いる。12月の米ISM非製造業景況指数によると、サービス業の拡大ペ ースは予想を下回った。前日の北海ブレント原油相場も5日続落。

CMCマーケッツのチーフストラテジスト、マイケル・マッカーシ ー氏は「下落を見ていると、WTI、ブレントともにより安定的に持続 する相場になっている。エネルギー市場はかなり低調だ。米ISM非製 造業景況指数は明らかに好材料ではない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限はシドニ ー時間午後0時26分(日本時間午前10時26分)現在、20セント高の1バ レル当たり93.63ドルで推移している。前日の通常取引は0.6%安 の93.43ドルで引けた。終値としては昨年11月29日以来の安値。全限月 の取引高は100日平均を約40%下回った。過去5営日では6.9%下落。

原題:WTI Crude Trades Near Five-Week Low as Fuel Supplies Seen Rising(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE