トヨタ、水素ステーション整備に協力へ-15年の新車販売前に

トヨタ自動車は燃料電池車の普及を 支援するため、水素ステーションネットワーク拡充に協力する考えを示 した。同社は2015年に米国で「カムリ」と同程度の大きさのセダンの燃 料電池車を販売する準備を進めている。

トヨタは米ラスベガスで今週開催される家電見本市「インターナシ ョナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」 に、15年発売予定のセダン燃料電池車のコンセプトカーと試乗用のプロ トタイプ車を出展し、6日に公開した。

米国トヨタ自動車販売のボブ・カーター副社長は同日、記者団に 「当社はインフラ整備推進の必要性を認識している」と発言。水素ステ ーション整備に関するトヨタの具体的な措置は数カ月以内に明らかにさ れると述べた。

トヨタはセダンの燃料電池車を販売する来年には、当初の主要市場 となるカリフォルニア州で利用できる水素燃料ステーションは最大20カ 所に増えるとの見通しを示した。同社広報担当者のジョン・ハンソン氏 によれば、現在は約10カ所。

原題:Toyota to Help Add Hydrogen Pumps as Fuel-Cell Cars Arrive (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE