1月6日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが5日ぶり反落-ISM非製造業景況指数の低下で

ニューヨーク外国為替市場ではドルが5営業日ぶりに反落。12月の 米供給管理協会(ISM)非製造業景況指数が市場予想に反して低下し たことに反応した。前週末までの4日続伸は、過去2カ月で最長の連続 上昇だった。

ユーロは対ドルで1カ月ぶり安値から上昇。ユーロ圏のサービス業 景気指数が5カ月連続で活動の拡大を示したことが背景にある。欧州中 央銀行(ECB)は9日に金融政策決定会合を開催する。韓国ウォンは 大きく下落。同国中銀が利下げを実施すると予想されている。南アフリ カ・ランドは上昇。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービ スは同国の信用格付けについて、投資適格級を維持すると発表した。

ドイツ銀行のG10為替戦略グローバル責任者のアラン・ラスキン氏 はISM非製造業の指数を受けて、「ドルが若干軟調になった」とした 上で、米経済見通しが改善しており、「向こう1年間ではわれわれはド ルになお前向きだ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.2%下げ て1023.87。2日には1029.67と、昨年9月9日以来の水準に上げてい た。前回の長期連続上昇は11月1日までの6日続伸。

ドルは対ユーロで0.3%安の1ユーロ=1.3629ドル。一時1.3572ド ルと、12月5日以来の高値に上昇した。対円では0.6%下落し1ドル =104円22銭。円は対ユーロで0.3%高の1ユーロ=142円04銭。

韓国ウォンが下落

ウォンはドルに対し半年で最大の下げ。1%安の1ドル=1065.42 ウォンとなった。過去半年では7.2%上昇した。

ゴールドマン・サックス・グループは電子メールのリポートで、ウ ォン高が金融環境の引き締まりの一因となりつつあるとし、景気回復に 悪影響を及ぼす恐れがあるほか、韓国中銀は今週の金融政策決定会合で 利下げに動く可能性があると指摘した。

ウエストパック銀行の為替ストラテジスト、ジョナサン・キャベナ ー氏(シンガポール在勤)は「年初の相場のトレンドは、2013年下期に 非常に好調だった取引の清算もしくは利益確定売りとなっているよう だ」と指摘。ウォンは現在の水準でもなお「高い」ようだと述べた。

ムーディーズは電子メールのリポートで、南アフリカの債務は「管 理可能」な水準だとしたほか、欧州と米国での需要の上向きは2014年の 成長を見通す上で「明るい」状況だと説明した。

ランドは対ドルで1%高の1ドル=10.6496ランド。13年は年間 で19%下げた。

円の動き

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重指数によれ ば、円は過去1年間に14%下落と、値下がり率トップとなっている。ド ルは3.8%高、ユーロは8.4%上昇している。

商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファン ドなど大口投機筋の対ドルでの円先物の売越幅は7年ぶり高水準付近か ら縮小した。円のネットショートは12月31日時点で13万5228枚。前週 は14万3822枚と、07年7月以来の高水準だった。

ドルは主要通貨の大半に対して値下がり。ISMが発表した12月の 非製造業総合景況指数は53.0と、前月の53.9から低下した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミストの予想中央値は54.7だった。同指数で50は 活動の拡大と縮小の境目を示す。

原題:Dollar Snaps Four-Day Advance on Services Report; Won Tumbles(抜粋)

◎米国株:下落、S&P500種は2005年以来で初の年初来3日続落

米国株は3営業日続落。S&P500種株価指数の年初からの続落と しては2005年以来で最長だった。米非製造業の拡大ペースが予想を下回 ったことが嫌気された。

簡易ブログのツイッターは下落。モルガン・スタンレーがツイッタ ーのオンライン広告収入はフェイスブックといった大手競合他社に奪わ れる可能性があると指摘、株式投資判断を引き下げたことが影響した。 自然派食品スーパーのホール・フーズ・マーケットも安い。アナリスト が競争激化に伴うリスクを指摘したリポートを発表した。

一方、通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは0.6%上昇。 米携帯電話サービス4位のTモバイルUSがベライゾン・ワイヤレスか ら周波数帯を現金約24億ドルで購入すると発表したことが買い材料だっ た。

S&P500種株価指数は前営業日比0.3%安の1826.77。ダウ工業 株30種平均は44.89ドル(0.3%)下げて16425.10ドル。

ナショナル・セキュリティーズのチーフ市場ストラテジスト、ドナ ルド・セルキン氏は「この日は上下に落ち着かないもみ合い相場だっ た」と述べ、「米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録と雇用統計 が発表されるまで、今週は様子見だろう」と続けた。

給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートは 給与名簿に基づく集計調査を8日に発表する。またFOMCは同日、12 月会合の議事録を公表する。労働省は10日に先月の雇用統計を発表す る。

ウィーン氏の10大予想

米ブラックストーン・グループのバイロン・ウィーン氏が毎年恒例 の10大予想を発表した。同氏がその中で米経済は今年3%強の伸びを示 すと述べたことから、株価は下げ幅を縮小した。同氏によると、S& P500種株価指数は急激な修正局面を経て、年間で約20%上昇する見通 し。

フィラデルフィア・トラストの最高投資責任者(CIO)、リチャ ード・シーシェル氏は、「比較的ニュースが静かな日だった」と述べ、 「優良銘柄はまだある。納得のいく株価収益率(PER)を出している 銘柄に対しては投資すべきだ」と続けた。

S&P500種は年初から3日続落して1.2%安。2005年は最初の3営 業日で2.3%下げ、年間では3%高で終えていた。

米供給管理協会(ISM)が発表した12月の非製造業総合景況指数 は53.0と、前月の53.9から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミストの予想中央値は54.7だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境 目を示す。

ツイッターが安い

ツイッターは3.9%安。モルガン・スタンレーはツイッターの投資 判断を「イコールウエート」から売りに相当する「アンダーウエート」 に引き下げた。同社の株価は11月の新規株式公開(IPO)価格の26ド ルから2倍以上値上がりしている。

ホール・フーズ・マーケットは3.5%安。ロングボー・リサーチの アナリスト、フィリップ・ターポリッリ氏がリポートで、ホール・フー ズは競争激化に対応するため値引きを進めているとして、同社の利益マ ージンが落ち込む可能性があると指摘した。

電子商取引サイト運営最大手、eベイは2.8%下落。モルガン・ス タンレーが株式投資判断を「オーバーウエート」から「イコールウエー ト」に引き下げた。

原題:U.S. Stocks Fall, First Three-Day Drop to Start Year Since 2005(抜粋)

◎米国債:上昇、ISM非製造業指数の低下で買い-値ごろ感も台頭

米国債相場は上昇。12月の米供給管理協会(ISM)非製造業総合 景況指数が予想外に低下したため、金融当局が政策金利を過去最低水準 で据え置くとの見方が強まった。

10年債利回りは前週に2011年7月以来の高水準を付けたが、3%を 上回る水準が需要を集め、この日は低下した。米上院は6日にジャネッ ト・イエレン氏の連邦準備制度理事会(FRB)議長就任を承認すると みられている。連邦公開市場委員会(FOMC)は今月から債券購入プ ログラムを縮小する。12月のFOMC会合の議事録は今月8日に公表さ れる。財務省は今週、総額640億ドルの3、10、30年債を発行する。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス氏は「年金基金や保険会社はこれぐらいの高利回りを長 らく待っていた。ファンダメンタルのニュースが良くならない限り、 3%を上回り続けるのは難しい」と指摘。「インフレと経済成長に対す る市場の注目度が高まるだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは4ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)低下の2.96%。同年債(表面利 率2.75%、2023年11月償還)価格は10/32上昇し98 7/32。利回りは2日 に一時3.05%と、2011年7月8日以来の高水準を付けた。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の政府債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「相場の下落方向で の取引では10年債利回りの3%の水準が鍵だ。持続的には上回っていな い。FOMC議事録はタカ派的な流れを作る可能性があり、FOMCが その会合で緩和縮小を決定したことを市場に意識させ続けるだろう。10 年債と30年債の利回りを現行水準から低下させるにはもっと材料が必要 かもしれない」と語った。

10年債のパフォーマンス

5年債と30年債と比較した10年債のパフォーマンスを測るバタフラ イ指数スプレッドは32と、終値ベースで2010年12月以来の割安水準とな った12月31日の34に近い。プラスのスプレッドは10年債に対する投資家 の弱気を、マイナスは強気を示す。

5年債と30年債の利回り差は221bpに縮小した。11月20日には254 bpと、11年9月以降の最大となっていた。

ISMが発表した12月の非製造業総合景況指数は53.0と、前月 の53.9から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中 央値は54.7だった。

10日発表の12月の雇用統計では、非農業部門雇用者数の19万5000人 増が予想されている。11月は20万3000人増だった。

ローゼングレン総裁

ボストン連銀のローゼングレン総裁は4日、金融当局者が刺激策の 縮小を急ぐべきではないとの見解を明らかにした。同総裁は昨年12月の FOMCで、債券購入の減額にただ1人反対した。

同総裁はフィラデルフィアで開かれた米経済学会(AEA)の会合 で、「インフレ率が目標を下回る一方、失業率がそれを大きく上回って いる中で、われわれは金融当局者が緩和解除を我慢する状況があると確 信している」と発言。「これが私が反対票を投じた動機の一つだった」 と述べた。

ニューヨーク連銀はこの日、2038年5月から43年8月までに償還を 迎える米国債を13億9000万ドル相当購入した。

財務省は7日に3年債(規模300億ドル)、8日に10年債(同210億 ドル)、9日に30年債(同130億ドル)の入札を実施する。

原題:Treasuries Rise as Services Output Decline Shows Uneven Recovery(抜粋)

◎NY金:ほぼ変わらず、一時は大幅下落で売買停止も持ち直し

ニューヨーク金先物相場はほぼ変わらず。一時は2.1%下げて売買 停止となったものの、持ち直した。ISM非製造業景況指数の拡大ペー ス鈍化を背景に、代替投資の買いが入った。CEMグループは約1分間 に30ドル超下落したことを受け、売買を10秒間停止した。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ビル・オニール氏は電話 インタビューで「こうした値動きは非常にありふれたものになってき た。一部参加者がこうした急落のきっかけとなる大量の注文を出してい る」と指摘。「取引所はこうした動きを調査する必要がある」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前週末比ほぼ変わらずの1オンス=1238ドルで終了した。

原題:Gold Futures Rebound After Price Slump Triggers Trading Halt(抜粋)

◎NY原油:5日続落、5週ぶり安値-サービス業景況低下で

ニューヨーク原油先物相場は5営業日続落し、5週間ぶり安値。12 月の米サービス業景況指数が予想を下回ったことを嫌気した。石油製品 の米在庫増加も引き続き影響した。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「需給ファンダメンタルズは依 然として弱気だ」と指摘。「在庫水準は高い。流れは今も下向きだ」と 続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前営業 日比53セント(0.56%)安の1バレル=93.43ドルで終了。終値として は昨年11月29日以来の安値。

原題:WTI Oil Falls to Five-Week Low as Service-Industry Growth Slows(抜粋)

◎欧州株:下落、米サービス業指標を嫌気-レミー・コアントロー安い

6日の欧州株式相場は下落。米サービス業活動の弱まりを示した経 済指標が嫌気された。一方、米製造業受注は予想を上回る伸びとなっ た。

フランスの酒造会社レミー・コアントローと、福利厚生用食事券サ ービスを手掛ける仏エデンレッドがいずれも大きく下げた。両銘柄の投 資判断をナティクシスが引き下げた。一方、オランダのブロードバンド 会社ジゴは3.6%上昇。同社買収の準備を米リバティ・グローバルが進 めていると、事情に詳しい関係者が明らかにした。英保険会社RSAイ ンシュアランス・グループは6.2%の大幅高。イタリアのモンテ・デ イ・パスキ・ディ・シエナ銀行とドイツのコメルツ銀行が、欧州全体の 銀行株の上げを主導した。

ストックス欧州600指数は前週末比0.2%安の326.98で終了。同指数 は先月13日から今月3日までの間に5.8%上げていた。

アッシュバートン(英ジャージー)の投資マネジャー、ベロニカ・ ペクラナー氏は電話インタビューで、株式相場は「クリスマスを挟んで 非常に大きく上げた」と指摘した上で、「若干の相場調整が進んでい る。バリュエーション(株価評価)が過去1年で高まったことから、リ ターン決定で利益の伸びがより大きな役割を果たすだろう。ボラティリ ティがやや高まる可能性がある」と語った。

ストックス600は2013年に年間で17%上昇。ブルームバーグがまと めたデータによれば、同指数の株価収益率(PER、予想収益ベース) は13.7倍。5年平均は12.1倍となっている。

米供給管理協会(ISM)が発表した12月の非製造業総合景況指数 は53.0と、前月の53.9から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミストの予想中央値は54.7だった。米商務省が発表した11月の製造業受 注額は前月比1.8%増加。エコノミストの予想中央値は1.7%増だった。

この日の西欧株式市場では、取引のあった14カ国中8カ国で主要株 価指数が上昇。スウェーデンとフィンランド、オーストリア、ギリシャ の各市場は祝日のため休場だった。

原題:European Stocks Drop After U.S. Services, Factory-Orders Reports(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、インフレ低下で-イタリア指標で質への逃避

6日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、 10年債利回りは昨 年11月以来の大幅低下となった。同国インフレ率の低下や、イタリアの サービス業活動縮小を背景に、域内で最も安全とされるドイツ国債の需 要が高まった。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、先週償還を迎えた240 億ユーロ規模のドイツ10年債の払い込みがこの日に予定されており、こ れも相場上昇を支援した。アイルランド国債も上昇。同国は救済プログ ラムを脱して以来初の国債発行に向け、銀行を採用した。一方、スペイ ン国債は下落。欧州中央銀行(ECB)は定例政策委員会を9日に開催 する。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)の欧州金利戦略部門 の責任者、リチャード・マクガイア氏は「新年に入り初めて休日のない 週を迎え、これまでよりも慎重かつファンダメンタル重視のアプローチ に移った」と述べた。

ロンドン時間午後4時33分現在、ドイツ10年債利回りは前週末比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.91%。これは昨 年11月13日以来の大幅低下。同国債(表面利率2%、2023年8月償還) 価格はこの日、0.33上げ100.815となった。

ドイツ連邦統計局が発表した2013年12月の消費者物価指数( CPI)速報値は、欧州連合(EU)基準で前年同月比1.2%上昇 と、11月の1.6%上昇を下回る伸びだった。

イタリアのサービス業景況指数は12月に47.9と、活動の拡大・縮小 の分かれ目となる50を2カ月連続で下回った。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたアナリストの調査中央値は48.5だった。

英国債相場は上昇し、10年債利回りは前週末比6bp低下 の2.97%。これは昨年10月30日以来の大きな下げ。同国債(表面利 率2.25%、2023年9月償還)価格は0.445上げて93.995。

原題:German Bonds Advance as Inflation Slows, Italian Services Shrink(抜粋) Pound Weakens Versus Euro After Service Growth Slows; Gilts Rise (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE