日産自、新型ロンドン・タクシーを公開-モデル競争拡大

日産自動車はロンドン向けに生産中 の新型タクシーを公開した。ロンドンの当局者からは象徴的なブラック キャブ(黒塗りタクシー)に似たモデルを望む声が出ていた。

6日の日産発表によると、改良された「NV200」のタクシーは12 月に発売となる。丸型のヘッドライトや新たな前部バンパーを装備、伝 統的なロンドン・キャブに似たフロントグリルとなっている。

日産のチーフ・プランニング・オフィサー、アンディ・パーマー氏 は発表文で「日産の新型キャブは運転手と乗客の双方にとってレベルが 高くなるだけでなく、伝統的なタクシーとして瞬時に見分けることがで きるよう、当社では市長執務室と密接に協力してきたほか、利害者や関 係各位とも連携してきた」と説明した。

日産と独ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツはロンドンの タクシー市場への参入を進めており、これまでブラックキャブを製造し てきた英マンガニーズ・ブロンズ・ホールディングスに対抗する方針 だ。

原題:Nissan Shows Redesigned London Taxi as Model Competition Widens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE