米ISM非製造業景況指数:12月は53.0に低下、予想下回る

米供給管理協会(ISM)が発表し た12月の非製造業は拡大したものの、市場予想は下回った。新規受注 は2009年以来始めて縮小した。

米供給管理協会(ISM)が発表した12月の非製造業総合景況指数 は53.0と、前月の53.9から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミストの予想中央値は54.7だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境 目を示す。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノ ミスト、ラッセル・プライス氏は、「金利上昇が広範な経済に及ぼす影 響を考えてみるのは有効だ。住宅部門は今も拡大しているが、成長ペー スは減速している」と述べた上で、「景気の勢いは増している。今回の 景気回復局面でこれが初めてではない。しかし今回は勢いを損ねる向か い風となる要素が少ないようだ」と続けた。

12月の総合景況指数を項目別に見ると、新規受注は49.4と、2009年 5月以来の低水準。前月は56.4だった。雇用指数は55.8、6カ月ぶり低 水準だった前月(52.5)から上昇した。景況指数は55.2(前月55.5)に 低下した。

ください。

原題:Service Industries in U.S. Grow at Slower Pace Than Forecast (1) (抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche. Editors: Vince Golle, 千葉 茂

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE