ドイツ首相がクロスカントリースキーでけが-3週間静養へ

ドイツのメルケル首相は、スイスで クロスカントリースキー中に骨盤を痛める事故に見舞われた。向こう3 週間は公務を控え、静養すると、ザイベルト政府報道官がベルリンで明 らかにした。

同報道官によると、メルケル首相はなるべく横になっている必要が ある。取りやめとなった公務には、8日に予定されていたワルシャワ訪 問が含まれる。首相は先月30日までのクリスマス休暇中に行ったクロス カントリースキーで転倒したという。

原題:Merkel Hurt in Cross-Country Ski Accident, to Rest in Berlin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE