NY原油:続落、週間で19カ月ぶり大幅安-石油製品の在庫増

ニューヨーク原油先物相場は4日続 落。米エネルギー情報局(EIA)統計で、留出油とガソリンの在庫増 加が示された。週間ベースでは1年7カ月ぶりの大幅安となった。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「統計 のポイントは留出油在庫の大幅増加だ」と指摘。「この時期の留出油は 石油価格全体をリードし、これまでその強い需要が価格を押し上げてき た。それが落ち込んでしまったようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比1.48ドル(1.55%)安の1バレル=93.96ドルと、終値としては昨 年12月2日以来の安値となった。週間では6.3%の値下がり。

原題:Crude Caps Biggest Weekly Drop in 19 Months as Fuel Supply Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE