欧州債:スペイン債上昇、失業者数減で-英独債ほぼ変わらず

3日の欧州債市場ではスペイン国債 が上昇し、10年債利回りは2010年5月以来の低水準を付けた。同国で昨 年12月の失業者数がここ6カ月で最も減少し、経済が勢いを増しつつあ る兆候が強まった。これを手掛かりに周辺国の資産に対する信頼感が高 まった。

スペイン10年債のドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は11年5月以来初めて200ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)を下回った。スペイン雇用・社会保障省の発表によると、12 月の失業者数は前月比10万7570人減少。イタリア国債も買われ、10年債 利回りは昨年5月以来の低水準まで下げた。ドイツ10年債利回りは9月 以来の高水準まで約3bpとなった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の債券ストラテジスト、ジョ ン・レイス氏(ロンドン在勤)は「最悪期が過ぎたとの確信を示す兆候 だ」とし、「データは素晴らしい内容ではないものの、それでも衝撃を 受けるような状況に必ずしもすぐ戻るようなことはないことを示唆して いる。これら周辺国債はしばらく好調が続く可能性がある」と語った。

ロンドン時間午後4時10分現在、スペイン10年債利回りは前日比7 bp低下の3.90%。一時は3.89%まで下げた。同国債(表面利 率4.4%、2023年10月償還)価格は0.605上げ104.02。ドイツ10年債との スプレッドは一時194bpまで縮小。12年7月には650bpと、ユーロ導 入以来で最大の幅となっていた。

スペイン2年債利回りは13bp下げ1.05%と、過去最低となる場面 もあった。

ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの1.94%。2日に は1.97%と、昨年9月23日以降で最も高い水準に達した。

英国債相場もほぼ横ばいで、指標の10年債利回りは3.03%となっ た。前週末比では5bp低下。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償 還)価格は93.53。

原題:Spanish Bond Yield Falls to 3 1/2-Year Low as Unemployment Drops(抜粋) Pound Falls Second Day Versus Dollar After Reaching 2-Year High (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE