インド株:センセックス、3日続落-自動車株と資本財が安い

3日のインド株式相場は3営業日続 落し、指標のS&Pセンセックス指数は2週間ぶり安値を付けた。自動 車株と資本財銘柄の下げが目立った。

自動車メーカーのタタ・モーターズは2週間ぶり大幅安。同社の12 月販売台数が前年同月比42%減少したことが売り材料。自動車銘柄指数 は週間ベースで2カ月ぶりの大幅下落。ラーセン・アンド・トゥブロと バーラト重電機が大きく下げ、資本財指数は1カ月ぶり低水準となっ た。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比37.00ポイント(0.2%) 安の20851.33で終了。終値ベースとしては先月19日以来の安値。前週末 比では1.6%下げ、ここ2カ月で最もきつい値下がりとなった。前日発 表された昨年12月の製造業景気指数が低下し、景気拡大ペースが鈍化す るとの懸念が強まった。

原題:India’s Sensex Drops for Third Day as Tata Motors, Larsen Slide (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE