香港株:ハンセン、半年ぶり大幅安-中国非製造業PMIで

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が半年ぶりの大幅な下げを記録した。中国の12月の非製造業購買担当者 指数(PMI)が4カ月ぶりの低水準となったことが嫌気された。

中国の銀行最大手、中国工商銀行(1398 HK)は2.7%安。靴小売り の百麗国際(1880 HK)は5.1%安。同社の目標株価を新華滙富金融が引 き下げた。金相場の上昇を受けて中国2位の産金会社、招金鉱業(1818 HK)は2.6%高。

ハンセン指数は前日比522.77ポイント(2.2%)安の22817.28と、 値下がり率は昨年7月3日以来の大きさとなった。指数を構成する50銘 柄は1銘柄を除き全て下落。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.5% 安の10436.76。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏は電話インタ ビューで、「中国の製造業とサービス業の活動の伸びが鈍化しつつある ため、香港ではしばらく、ある程度の相場下落が続くかもしれない」と の見方を示した。

原題:Hong Kong Stocks Slump Most in 6 Months on China Services Data(抜粋)

--取材協力:Jonathan Burgos. Editors: Sarah McDonald, John McCluskey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE