中国株:続落、非製造業PMI低下を嫌気-金融株など安い

中国株式相場は続落。上海総合指数 は週間ベースでも下げた。昨年12月の非製造業購買担当者指数 (PMI)が低下したことに加え、新規株式公開(IPO)再開を前に 投資家が資金を引き揚げつつあるとの懸念が広がった。

金融株は10の業種別指数で最大の下げとなった。中信証券 (CITIC証券、600030 CH)は2.9%安。中国人寿保険(601628 CH)は2.6%安。消費関連株も軟調で、自動車メーカーの上海汽車集団 (SAICモーター、600104 CH)は2.9%安。薄型テレビメーカーの青 島海信電器(600060 CH)は3.4%下げた。

レアアース(希土類)生産の内蒙古包鋼稀土高科技(600111 CH) は3%高と、5週間ぶりの大幅上昇。政府が業界再編に乗り出すとの観 測が材料となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比26.25ポイント(1.2%)安の2083.14。週間 では0.9%の下げ。12月の非製造業PMIは4カ月ぶりの低水準となっ た。政府と民間が発表した同月の製造業PMIもそれぞれ前月比で低下 した。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は1.3%安 の2290.78で引けた。

珩生鴻鼎資産管理で運用に携わる戴明氏は「マクロ経済にエキサイ ティングなものはなく、株式相場の良好なパフォーマンスは期待し難 い。速いペースでIPOを承認していることで、市場の流動性は減少し つつある」と述べた。

原題:China’s Stocks Drop After Non-Manufacturing Data as Citic Slides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE