NY金(2日):3週間ぶり大幅高-アジアで需要増との観測

ニューヨーク金先物相場は上昇。3 週間ぶりの大幅高となった。延べ棒や宝飾品の需要がアジアで増加する との観測が背景。インド準備銀行(中央銀行)は12月31日に金の輸入規 制を一部緩和した。

TDセキュリティーズのバイスプレジデント、スティーブ・スカカ ロシ氏はリポートで「アジアからの現物需要は引き続き顕在化すると当 社では予想しており、インドが規制を一部緩和したことも需要増加につ ながるだろう」と指摘。「市場は今、押し目買いの機会を狙っている」 と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前営業日比1.9%高の1オンス=1225.20ドルで終了。中心限月と しては12月10日以来の大幅上昇となった。

原題:Gold Rises Most in Three Weeks on Asian Demand; Platinum Jumps(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim. Editors: Patrick McKiernan, Thomas Galatola

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE